骸骨剣士の夢

ここ最近骸骨絡みの話題に執心しておりました。切っ掛けは創作物では骸骨剣士として普及している「スケルトン」、というより、アプリケーションを作る際にフレームワーク+最低限のサンプルとなるパーツを付けた「スケルトン」プロジェクトをどうにかして弄りたくなったため。

そこで骸骨に関連する名前を調べ始めました。

妖怪では「がしゃどくろ」、「相馬の古内裏」、「滝夜叉姫」がインパクトのあるものとした挙がりましょうか。または百鬼夜行絵巻系で行くと「骸骨(『今昔画図続百鬼』)」、「狂骨」、「骨女」辺り。

狂骨と言えば小説「狂骨の夢」も有名ですね。Web関係で言うとWordPressのプラグインで「狂骨」がありますね。この方は他にも妖怪に因む名前のプラグインを作っているので面白いです。

美術関連だと例えば丸山応挙の「波上白骨座禅図」。西洋だと「死の舞踏」が有名でしょうか。

西洋のモンスターとしては冒頭の切っ掛けにもなったスケルトンがいますが、変化球だと竜の牙から生まれる「ドラゴントゥースウォリア」でしょうか。スケルトン(骸骨剣士)のドラゴンバージョンとして描かれたりしますね。ただ、原典となるギリシャ神話では普通の人間と変わりない見た目らしいので注意。スパルトイと呼ばれますね。

ということで今回は「狂骨」と「スパルトイ」を採用。クローンして本家から少しライブラリを追加した自分用のリポジトリの名前に付けてみました。

特にこれ自体に大きな意味はないですが、通常通りの「スケルトン」に落ち着きたくなかったので。

この記事を書いた人