魂魄 妖夢 六道剣「一念無量劫」雑考

六道(ろくどう、りくどう)とは仏教における世界観の一つです。人が輪廻転生を繰り返すうちに現れる6つの世界で、

  • 餓鬼道(がきどう)
  • 地獄
  • 畜趣道(ちくしゅどう)
  • 修羅道(しゅらどう)
  • 人界(にんかい)
  • 天界

の6つです。

なお、宗派や経典によってそれぞれの名称が変わったり(畜趣道が畜生界とされたり)或いは解釈が異なっていたりするので一概には言えませんが…ここでは簡略の為上の表記に纏めさせて頂きます。

それぞれの最後に剣と付けるなり、道を剣に変えてみると一目瞭然です。これらは皆、魂魄 妖夢が東方妖々夢劇中にて使用するスペルカードに冠される名称です。

  • 餓鬼剣「餓鬼道草紙」
  • 獄界剣「業風閃影陣」
  • 畜趣剣「無為無策の冥罰」
  • 修羅剣「現世妄執」
  • 人界剣「大悟顕晦」
  • 天界剣「七魄忌諱」
    • ※ 難易度不統一

また、六面道中でのスペルカード

  • 六道剣「一念無量劫」

もそうですよね。

この記事を書いた人