換命「不惜身命、可惜身命」について

初版: ’08 8/8

換命「不惜身命、可惜身命」

“可惜(あたら)”とは惜しむべき、勿体無いといった意味の語。つまり、可惜身命とは惜しむべき命。

一方の”不惜身命(ふしゃくしんみょう)”は仏教の言葉で、仏道の為に自分の命を惜しまず尽くすことを意味する。

つまり、スペルカードは「命を惜しむか、命を惜しまないか」といった意味になる。故に、自分と相手の体力を入れ替える(自分の命を惜しんで、相手の命を惜しまない)ということであろう。

この記事を書いた人

アバター

アルム=バンド

東方Project から神社と妖怪方面を渡り歩くようになって早幾年。元ネタを調べたり考察したり巡礼・探訪したりしています。たまに他の事物も調べたりします。
音楽だと Pain of Salvation を中心に Dream Theater などのプログレッシブメタルをメインに聞いています。
本は 平行植物 。