換命「不惜身命、可惜身命」について

初版: ’08 8/8

換命「不惜身命、可惜身命」

“可惜(あたら)”とは惜しむべき、勿体無いといった意味の語。つまり、可惜身命とは惜しむべき命。

一方の”不惜身命(ふしゃくしんみょう)”は仏教の言葉で、仏道の為に自分の命を惜しまず尽くすことを意味する。

つまり、スペルカードは「命を惜しむか、命を惜しまないか」といった意味になる。故に、自分と相手の体力を入れ替える(自分の命を惜しんで、相手の命を惜しまない)ということであろう。

この記事を書いた人