非想天則とりとめのない雑考

初版: ’09 8/22

BGM

the Grimoire of Alice

旧作の曲のアレンジ。今回この曲が引用された理由はもしかしたら、さる7月28日に『the Grimoire of Marisa』が発売された影響からかもしれない。

演出

魔法陣(それぞれのキャラセレクトの後ろにある円)

東風谷 早苗

蛇、蛙→蛇をシンボルとする神奈子、また蛙の神様である諏訪子の象徴だと考えられる。また、文様は梶の葉で、諏訪大社の神紋。

前宮本殿にある梶の葉の文様
前宮本殿にある梶の葉の文様

なお、前宮は上社に属するが、上社の文様は文様下部の根が四本、一方下社の梶の葉文は根が五本と差異がある。ここで東風谷 早苗の魔法陣に描かれているものを見てみると、それは根が五本なので下社のものと考えられる。

これは神奈子のモチーフである八坂刀売神が通俗的には下社に祀られているとされていることや、風神録での神奈子のスペルカード使用時の背景が下社、秋宮の神楽殿

諏訪大社下社秋宮 神楽殿
諏訪大社下社秋宮 神楽殿

を用いていることなどから下社の神紋を用いたと思われる。

なお、東風谷 早苗のモチーフになった守矢家は上社において筆頭神官である神長官を務めていた。下社の筆頭神官は、どうも中世頃までは武居祝が務めていた(ちなみに上社の大祝は諏訪氏(神氏)、下社の大祝は金刺氏、後に武居氏)。

霊烏路 空

白い線で三本足の烏(八咫烏)。また、外側には地霊殿でのスペルカード発動時の演出である”Caution!!”の文字。さらに中央部には核のマークが描かれている。なお、この核のマークは中央の円が原子核、周囲の3つの部分は原子核から放出される放射線の代表的なもの(α線、β線、γ線)を象徴しているとのこと。

洩矢 諏訪子

服に描かれている蛙と同様、『鳥獣人物戯画』の蛙が相撲を取っているとされる絵から。

ステージ・守矢神社の背景にある建物

先程の魔法陣、東風谷 早苗の項で述べたが神奈子のスペルカード発動時の背景に用いられた諏訪大社下社、秋宮の神楽殿がそのまま神社の外観となっているようである。青銅製の狛犬がいないところも風神録と同じ。しかし、見た感じ神楽殿以外の建物が見当たらないので、もしかしたら博麗神社の霊夢と同様あの建物が神々二柱と東風谷 早苗の住居の役割も担っている…のかもしれない(とすればあれは神楽殿ではなく本殿として機能していることになるか?)。

これはあくまで推測なので、今後の情報に期待したいと思う。

― 出典 ―

  • 『東方非想天則 超弩級ギニョルの謎を追え』 上海アリス幻樂団/黄昏フロンティア 2009

この記事を書いた人